ホテルみや離宮
0829-44-2111
  1. トップ
  2. 観光案内

観光案内

  • 世界文化遺産

    • 厳島神社

      世界遺産まで徒歩約3分の宿

      安芸の宮島は、松島、天橋立と共に日本三景のひとつです。
      中でも、世界文化遺産である厳島神社や、海上に立つ朱の大鳥居が、神秘的な雰囲気を漂わせています。
      ホテルみや離宮は、厳島神社参道に面した旅館です。
    • 厳島神社の歴史と背景

      太古の時代から、宮島の景観には人々が霊気を感じ、山などを御神体として祀り、信仰の対象にしていました。
      社殿は、推古天皇即位元年(593年)に創建されたと伝えられています。
      厳島神社は仁安3年(1168年)のころに時の権力者である平清盛の造営により現在みられる壮麗な社殿群の基本が形成されました。
      この社殿群の構成は、平安時代の文化を取り入れた優れた建築景観となっています。
      海上に立地し、背景の山容と一体となった景観は他に比類がなく、平清盛の卓越した発想によるものであり、彼の業績を示す平安時代の代表的な資産のひとつになっています。
      日本の風土に根ざした宗教である神道の施設であり、仏教との混交と分離の歴史を示す文化資産として、日本の宗教的空間の特質を理解する上で重要な根拠となるものです。
    • 大鳥居(国重文)

      厳島神社の朱丹の大鳥居は、観光日本のシンボルとして外国にも広く知られている。
      鳥居の形式は、四脚造りで、楠の自然木を使った典型的なものである。

      ※現在6/17より保存修理工事が始まっております。
      時期によっては、大鳥居が覆われ見られない状態となります。
      保存修理工事の状況につきましては、詳細をご確認くださいませ。
    • 本社本殿(国宝・平安時代)

      祭神 - 市杵島姫命 田心姫命 湍津姫命
      桁行正面8間、背面9間、梁間4間、一重両流れ造りの本殿は、屋根に神社の定番とも言える千木と鰹木を持たず、寝殿造りの様式である桧皮葺の屋根に瓦を積んだ化粧棟のスタイルを取り入れているところが大きな特徴。
      現在の建物は元亀2(1771)年、毛利元就によって改築されたもの。
    • 平舞台(国宝・平安時代)

      本社正面前に広く張り出された露台で、広さは167.6坪、前方には火焼前と呼ばれる突き出た所があり、管絃祭の出御・還御はここから行われます。
      正面には朱色の大鳥居と青い海、対岸の山々の緑が鮮やかなコントラストを見せ、海の上に立っていることを改めて実感させられます。
      ここを支える塚石は毛利元就の寄進といわれ、火焼前分と合わせると239本あります。
    • 高舞台(国宝・平安時代)

      平舞台の中央にある舞楽を演ずる舞台です。高欄真々正面17尺2寸、側面21尺。現在のものは天文15年(1546)の造営です。
      天正年間(1573~1591)の頃は舞楽のあるたびに組み立てて平舞台の中央に置く組み立て式になっていましたが、その後元和年間(1615~1623)の頃までに平舞台の一部をくり抜き、現在のように作り付けの構造になったといわれます。舞楽の舞台としては最小のものだそうです。

  • 宮島の周辺観光

    • 五重塔

      高さ27.6メートル、和洋と唐様の調和が美しい五重塔は、応永14年(1407)に建立されました。朱塗りの色合いも大変美しく、嚴島神社、千畳閣とともに宮島らしい風情のある景観を生み出しています。

      ◎徒歩7分
    • 豊国神社 千畳閣

      天正15年、豊臣秀吉が戦で亡くなった者達を供養するために建立を命じたもので、秀吉が完成を待たずして死去したことから未完成のまま、現在は豊国神社となっています。畳857枚分の広さから別名千畳閣とも言い、宮島の景色を一望することができます。

      ◎徒歩7分
    • 大聖院

      弘法大師・空海が大同元年(806)に、弥山の麓に開創した言われる、真言宗御室派の大本山です。霊山弥山の麓にあり、宮島桟橋から歩いて20分。大聖院からは対岸の町並みまでを一望でき、静かで穏やかな時間が流れる場所です。

      ◎徒歩20分
    • 宮島ロープウェイ

      紅葉谷公園から展望台のある獅子岩駅までをつなぐロープウェイ。弥山登山をもっと気軽に楽しめるようにと建設されました。ゴンドラに揺られ約15分、移動しながらの景色は遠く四国まで見えることも。獅子岩駅から弥山山頂までは約30分程度。

      ◎シャトルバス乗場まで徒歩10分
    • 宮島水族館

      平成23年にグランドオープンした宮島水族館は、人気のスナメリ、カワウソ、ペンギンなど館内を10のゾーンで展開。「いやし」と「ふれあい」をコンセプトに、海の生きものを中心とした約350種、13,000点以上を展示しています。

      ◎徒歩25分
  • 広島近郊の観光

    • 広島平和記念公園

      広島市の中心部にある広大な公園。爆心地に近い現在の場所に、世界の恒久平和を願い建設されました。園内には広島平和記念資料館や原爆ドーム、記念碑、文学碑などがあり多くの観光客が訪れます。休日は市民の憩いの場所としても人気です。

      ◎宮島口より市内電車利用で約1時間
    • 原爆ドーム

      爆心地から約160メートルの位置に建つ原爆ドームは、核兵器の恐ろしさ、戦争の悲惨さを伝える建築物として世界文化遺産に登録されています。当時の原爆がいかに恐ろしいものであったかがその姿に表れており、平和の大切さを実感させられます。

      ◎宮島口より市内電車利用で約1時間
    • お好み村

      広島名物と言えばキャベツたっぷりの「お好み焼」。広島市の繁華街中心部には、独自の味を追究したお好み焼き店が25店入る『お好み村』があります。ビルの2階から4階まで全てお好み焼き屋。何度か訪れて自分好みの味を探すのもおすすめです。

      ◎宮島口より市内電車利用で約1時間
    • 呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム

      日本一の海軍港として栄えた呉。戦艦「大和」を建造したことでも有名で、この施設の一番の目玉は、実物の10分の1サイズで再現した戦艦大和。他にも、本物の零戦なども展示されており、明治以降の日本の近代化を伝える貴重な資料館です。

      ◎宮島口より車で90分
      ◎JRで90分
    • 海上自衛隊呉史料館 てつのくじら館

      巨大潜水艦の実物を陸上展示する、日本でも珍しい「海上自衛隊呉史料館」は、海上自衛隊の歴史、呉市との関わりなどを紹介する史料館。展示された潜水艦に乗艦することもでき、艦内での生活を疑似体験することもできます。

      ◎宮島口より車で90分
      ◎JRで90分
    • 錦帯橋

      日本三名橋の一つと言われる錦帯橋は、日本を代表する木造橋です。約200メートルの川幅を渡すため、五つの反り橋が美しいアーチ型を描きます。自然に囲まれた木造橋は、四季折々の美しい風景をつくり出しています。

      ◎宮島口より車(高速)で45分
      ◎JRと岩国市内タクシー利用で45分